So-net無料ブログ作成

MacBook Pro 13inch early 2011をFusion Driveにしてみた [Mac]

今更かもですが。

今月始めに開催されたApple WWDC 2019では、次期MacOS「Catalina」の発表がありました。iTunesの分割、MacアプリとiOSアプリを統合する「Project Catalyst」など、興味深い発表がてんこ盛り。
WWDC 2019のハイライトシーン

最新の技術でMacがますます快適に、便利になるのはありがたいことです。が!
もうすでに発表されていることですが、Catalina以降では32bitアプリが完全に切り捨てられてしまう。
AAPL Ch.「Apple、macOS 10.14 Mojaveが32-bitアプリをサポートする最後のmacOSになると発表。QuickTimeやJava 1.6フレームワークも廃止へ。

レガシーなシステムをどんどん切り捨てるのはAppleならではの合理性。昔のアプリは確かに使う頻度はどんどん少なくなっていますが、過去の遺産をすべて捨て去るのは不便な面もあります。
かと言って、最新のOSに移行せざるを得ない状況もある。例えば先日買い換えたiPod touchみたいにiOS機器が新しくなったら、そのバックアップやらファイル管理やらをMacでするためには、OSのバージョンアップが要求されてしまう。
関連記事:第7世代 iPod touch 買った!

なので、旧OSでの作業用に、押し入れの中でホコリを被っていた「MacBook Pro 13inch early 2011」を復活させることにしました。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット