So-net無料ブログ作成

「Industar-61 L/Z 50mm」持って、小下沢にハナネコノメを見に行った [山]

いい塩梅で咲き始めてます。
1:ハナネコノメ2019.jpg
関連記事: 高尾山で「ハナネコノメソウ」を見てきた

昨年春ぐらいに、禁断のソ連製レンズに手を出してしまいまして。
「Industar-61 L/Z 50mm F2.8」
2:インダスター.jpg
77年製。eBayでウクライナの業者から購入したんですが、レンズには特に目視できるようなカビ等もなく、絞りもスムースに動いてわりといい状態のものが来て安心。
3:インダスター横.jpg

このレンズの売りは、絞りの構造が独特で、6枚羽根なんですけど、F5.8〜F8ぐらいで六芒星の形になる。なもんでイリミネーションとかぼかすと、きれいな星ボケが映り込むという寸法。
4:星ボケ.jpg
ごめんなさいきれいな星じゃないですね。レンズの汚れが写り込んでる。

なおかつ、マクロレンズとしても使える。本来マクロの定義は「等倍から0.5倍の撮影ができるもの」だそうで、このレンズはそこまでの倍率は持たないです。セミマクロ、といったところ。
手持ちのFDレンズ、Canon FD100mm F4 macroと比較してみましょう。LUMIX G5で最大にまで寄ったときの画像がこちら。
5:FD100mm寄り.jpg
35mmまで写ってますね。フォーサーズのセンサーサイズが「17.3mm ✕ 13mm」ですから、FD100mmの倍率は「17.3/35 ≅ 0.5」と、ほぼ0.5倍ですから、一応マクロとしてよいか。

それに対して、indutar-61のほうはというと、、、
6:インダスター寄り.jpg
62mmまで写ってます。すなわち倍率は「17.3/62 ≅ 0.28」とかなり低いので、マクロという言うにはおこがましいのは確かです。でもマイクロフォーサーズで使うと画角がフルサイズの2倍ですから、かなり拡大された気分になる。だからマクロでいいんです!と若干キレ気味に擁護してみる。

なんて面倒なことは撮影時にまったく考えません。わりと小型の筐体で比較的気軽に対象に寄れるのは、普段使いにはとっても便利。持ち出す機会が増えそうです。

というお話はさておき、ハナネコノメ。今年もそろそろいい頃かなぁと、昨日小下沢まで行ってきました。

SPONSORED LINK




また寝坊して、高尾駅に着いたの11時半ぐらいになっちゃった。そこからてくてく歩いて日影沢入り口の有名なスポット目指します。

スポット、大渋滞です。一番大きな群落にはカメラ構えた人いっぱいで写真撮るどころではない。
周辺の小さな群落、撮ってきました。
7:日影沢1.jpg8:日影沢2.jpg9:日影沢3.jpg

スポットが空くの待ってるのもあれなんで、さっさと小下沢に向かいます。

木下沢梅林はちょうど満開。
10:小下沢梅園1.jpg11:木下沢梅園2.jpg

ちなみにこのあたりまでWiMAXの圏内になってました。去年は圏外だった気がする。着実にWiMAXのエリアが広がっているのは好ましいことで。まぁ小下沢入っちゃうとWiMAXはおろかdocomoですら圏外なのは相変わらずなんですけどね。

林道入口周辺の小下沢のハナネコノメもちょうどいい塩梅に咲いてました。
12:木下沢ハナネコノメ1.jpg13:木下沢ハナネコノメ2.jpg

新兵器、Industarの映りも絞り込んであげると割とシャープでよいですね。
14:絞り込み.jpg

開放でもそんなに描写くずれない。ソフトになっていいかも。
15:開放.jpg

わりと使いやすくていいかも。ただマイクロフォーサーズで50mmはポートレートにはきついかな。

景信山への分岐から滝周辺まではちょっとまだ早いようで。日当たりの関係ですかね。このあたりは来週いい塩梅なんじゃないでしょうか。

あとは景信山に上がって城山から大垂水抜けて、三沢峠まで歩いて帰ってきました。ちょっと歩きすぎて疲れた。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。