So-net無料ブログ作成

「百合」って英語になってるんですね〜!「In Love With A Ghost」の新曲は、百合系ビジュアルノベルゲーム「Heart of the Woods」のエンディングテーマ [音楽:西欧]

プレイしてないですけどね。うん。



フランスの瀟洒なエレクトロニカアーティスト、「In Love With A Ghost」はお気に入りの1人ですが、結構多作。昨年もアルバム一枚出してました。

関連記事:ほのぼのエレクトロニカ「In love with a ghost」に癒やされる

今度は、タイトルも書いたように、インディゲームのサントラ担当。
STEAM[レジスタードトレードマーク]ストア「Heart of the Woods

SPONSORED LINK




開発はアメリカのビジュアルノベルデベロッパー「Studio Élan」。Steamのサイトに載ってるスクショ見るに、日本でも充分通用する萌えテイストのキャラクターデザイン。どっかで日本語ローカライズしたらちょっとは売れるんじゃ?って気も。ちょっとじゃ商売にならんでしょうが。まぁ、私はプレイしないですけどね。萌えはどうでもいい。

サイトの紹介文を引用すると、
「A fantasy yuri visual novel filled with magic, fairies, and a ghost girl. When Maddie and her best friend, Tara, journey to a remote forest village to investigate rumors of the supernatural, they find a whole lot more than they bargained for.」

って、「百合」って、「yuri」で通じるんですねー。
Wikipedia「Yuri」
「アニメ」とか、「オタク」とか通じるってきたことありましたが、調べてみたら、「薔薇」や、「萌え」も、その手の人には通じるようで。

話それましたが、音楽。メインのサウンドトラックを制作しているのは、FPS「Doom」のレベルデザインなんかも手がけるアーティスト、Sarah Mancuso (aka esselfortium)。
関連記事:OS Xで、いにしえの名作、「DOOM 2」を動かす。
このビジュアルノベルのサントラはまだ出てないみたいですね。で、In Love With A Ghostがエンディングテーマを手がけている。メインサントラがファンタジー系の音作りなのに対して、こちらはいつものIn Love With A Ghost節。ほんわか暖かなエレクトロニカ。癒やされる〜。

繰り返しますけどゲーム本編をやる気はないです。
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。