So-net無料ブログ作成

Anecdotenの新譜「Until All the Ghosts Are Gone」を購入した! [音楽:北欧]

先日お伝えしたように、4月10日にダウンロード販売開始!当然10日に日付変更直後に、iTunesからダウンロードしたった!


関連記事:北欧プログレシーンの代表的バンド、Anekdotenのニューアルバム、「Until All The Ghosts Are Gone」が来月に発売!

1曲目の「Shooting Star」。冒頭から分厚いメロトロンストリングのサウンドが鳴り響き、ギターやハモンドがアグレッシブに絡みつく。プログメタルな表情が新しいけど、旋律はあくまでもメローでいかにもAnekdoten的。

SPONSORED LINK




先週発売予定の記事書いた時にはきちんと調べてなかったけど、なんとこの新譜には、フルート/サックスでSteven Wilson BandのTheo Travis、ギターにAll About EveのMarty Willson-Piper、そしてキーボードに元OpethのPer Wibergまでもが参加している。

そのせいか、フルートがフィーチャーされた3曲目、「If It All Comes Down to You」は、かなりSteven Wilson的。


関連記事:Steven Wilsonの新譜、「Hand. Cannot. Erase.」を購入しました

そして終曲「Our Days Are Numbered」はメローなイントロからメタル期のKing Crimson的にハードに展開するイントロナンバー。そして後半、Theo Travisが再びサックスで登場すると一気にサイケデリック色が強くなる。ドラマティックな展開に圧倒されます。

ハードな曲も良いけれど、タイトルナンバー「Until All the Ghosts Are Gone」のようにメローに歌い上げるミディアムテンポな素敵。やはりここでもTheo Travisのフルートが大活躍。メロトロンやギターとの絡みが「In the Court of the Crimson King」を思わせる美しさ。

久々の力作、聴き応えがあります。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0