So-net無料ブログ作成

アルメニアのハイテンションプログメタル、「Armenian Space Station」 [音楽:アルメニア]

なんか無駄にドラムスがハイテンションなんですけど(笑



「Armenian Space Station」は、アルメニア出身の2人、ピアノのGreg Hosharianと、ドラムスのBarrett Yeretsianが結成したプログメタルバンド。Greg Hosharianは指揮者/作曲家として知られるEdwardを父に持つアルメニアの音楽一家出身で、現在はロスで活動をしているそうです。そんな彼がやはりアルメニア出身のドラマーBarrett Yeretsianと意気投合してASSを結成。Yeretsianが以前参加していた「Aviatic」でのバンドメイトのClint Federsenと、メキシコ出身のギタリスト、Phil Trujequeを加えて活動開始し、2009年にデビューEPを発売しています。

バンドの方向性は、Liquid Tension Expeimentばりのハイ・テクニカル・プログメタル。そしてその上にたっぷりアルメニアン・テイストをちりばめたユニークな楽曲が楽しいです。アルメニアの音楽についてはそんなに詳しくないですが、Deti Picassoの記事でも書きましたけど、やはり隣国トルコの影響がすごく強い。そんなターキッシュ・フレーバーたっぷりなメロディが全曲で顔を出してきます。
関連記事:
Deti Picasso(Дети Picasso)は、アルメニアのとんがりエスノ系バンド


惜しむらくは、このEP発売以降は、目立った活動してないみたいなこと。単発のプロジェクトだったのかなぁ。

ちなみにGreg Hosharianは、クラリネット奏者の兄Peterと共に「Hosharian Brothers」としても活動しています。こちらはアルメニアンルーツにどっぷりつかった、かな~り濃いアルバム。Yvo Papasovなんかと好きな方にはとってもお薦め。





Derek Sherinianばりに弾きまくるGregのキーボードがいいですね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0