So-net無料ブログ作成

アルメニアのProg Metal、Dogma [音楽:アルメニア]

先日取り上げたDeti Picasso以外にも、アルメニア産の面白バンド発見!今日もまた、アルメニアンプログレの世界に身を投じてみようと思います。




SPONSORED LINK




メンバーは、
Heno Grigoryan: guitar
Vardan Grigoryan: bass
Derik Vardumyan – drums
Zara - Vocal

90年代から活動するメタルバンド、Manic Depressive Psychosis(MDP)のギター&ベース、HenoとVardenが、グループ解散後にエクストリームメタルバンドARAMAZDのドラマー、Derikを迎え、2008年に結成。そして謎(笑)の美形ボーカル、Zara嬢をフロントに、中近東的民族色を湛えたプログメタルを展開してくれます。謎っていうか、経歴が全然分からない。

で、デビュー・アルバムが、「Ethnic-Methnic」。
まずはジャケットが、ちょ〜ダサい&ムサいんですけど(笑
いくらなんでもこれはひどい。もっといい写真なかったのか。youtube見ていただければわかるように、皆さんもっとかっこいいよ。そんな中でもボーカルZara嬢の美形ぶりが輝いています。

アルバムは、冒頭からテクニカル&ハードなリフを紡ぎ上げる堅実な演奏を聴かせてくれます。paatosの2nd、「Kallocain」をちょっと連想させる、緻密でクールなバンドアンサンブルが基本。リフ主体の曲なんかはプログレって言うよりエスノ風味のハードロック、って感じですが、硬軟織り交ぜたフレーズを繰り出すHenoのギターにうねりのあるVardanのベースが絡んでいく様は、曲によってはChris Poland's Ohm (ex-Megadeth)を連想します。中近東風メロディがかっこいい。
そして、透明感あるZaraのボーカル。クラシカルなスタイルで歌い上げるさまは、さほど民族音楽的な印象は受けませんが、端々の節回がトルコ伝統音楽の文化圏という出自を意識させます。


アルバムの完成度も高いですが、オフィシャルサイトで見られるライブ映像はもっとかっこいいですね。今後も期待大。


関連記事:
アルメニアのプログメタルバンド、「Dogma」が、待望のセカンドアルバムを発表
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0