So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

第7世代 iPod touch 買った! [iOS]

ほぼ衝動買い!

iOSのサブマシンとして、第6世代iPod touchを連日酷使してきましたが、バッテリーがすぐにへたるのが難点で。発売後すぐに購入したわけですけど、すでに2回もバッテリー寿命で交換修理してもらってます。
関連記事:
New iPod touch 128GB買っちまった!
iPod touchの修理とヤセウツボ

今使っているのは昨年10月に交換してもらったばかりなのでまだ寿命持つと思いますが、近い将来またダメになるのが目に見えている。毎回1万円近く払うのは結構大きい。
iPod の修理サービス

と、不安に思ってたら、次世代、出ちゃったじゃないですか!もうこれは買うしかないです。ってか、買っちゃった。

第6世代はApple Storeの下取りサービスを利用して購入しましたが、いつの間にかiPodの下取りはなくなっちゃったんですね。iPhone下取りは「Apple Trade In」で充実したのに。
なので量販店購入がお得。ヨドバシやビックカメラでは、5%ポイントが付く。Amazonでもしっかり5%のポイントが付きますね。


しかししかし!ヨドバシカメラでは今月末まで、ゴールドポイントカードの利用で、ポイント増量キャンペーン中。
ゴールドポイントカード・プラスでキャッシュレス決済キャンペーン
最大20%のポイント還元(最大30000ポイントまで)されるそうな。

キャンペーンの条件は、ゴールドポイントメンバーズページで、「ご利用明細WEBチェック」と「VISA認証サービス」を登録すること。
あれですね、春先やってたPayPayの太っ腹な還元セールでビッグカメラにだいぶ客取られたんですかね?

ちなみにこのキャンペーン利用でApple製品の場合、ポイント5%還元 + クレジットポイント 1% + キャンペーンポイント9%、で、合計15%の還元になります。通常、値引きのなかなかないApple製品だけにこのチャンスは見逃せない!ってことで早速購入してしまったわけです。

ちなみにこの記事作成時点では、各ECサイトで第6世代もまだまだ併売してます。ちょっと安くなってるからと言ってお間違えの無いように注意してください。大幅に安くなっていたら型落ちでもいいでしょうが、そこまで安くなってない。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

今年の猫魔は雪たっぷり [スキー]

今年の3月は暖かくてゴールデンウィークの積雪量心配してたんですけど、4月は意外と冷えたんですねー。各スキー場、結構雪が残ってる模様。
で、GW後半は雨がちな天気予報が出てたので、本日サクッと猫魔に行ってきました。2シーズンぶり
https://www.nekoma.co.jp
関連記事:
今日は猫魔!
猫魔と蔵王に行ってきました

27日はに雪降った模様。写真撮らなかったけど、磐梯山も雪をかぶってました。
さらに、猪苗代湖周辺は桜が満開です。あちこち花見の渋滞が起きそうな状況。混む前に町中抜けられてよかった。あとは特に渋滞もなく、11時半には猫魔到着。

快晴!
猫魔全景.jpg

なんかいつの間にかコース名変わってるんですよね。各コース、前はなんて言ったかな?
向かって右端、エキサイト1はいつも春スキーシーズンの早いうちにクローズになるところですが、今シーズン、ウィンチ使って雪付け&圧雪してるそうです。そのかわり、最奥のディープがクローズ。スキー客も減った昨今、快適なカービングバーンを確保し、限られたリソースを効率よく運用するためには仕方がない選択なのでしょうね。
急斜面自然コブ期待してたけど、写真でも見えてるように、遠目には雪もたっぷりあるのに残念。まぁ1本か2本滑ったら脚がもたなくなるんですが。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポーランドのアコースティックサウンドが美しい少女4人組、「Lor」の待望のファーストアルバム、「Lowlight」は4月12日発売予定 [音楽:ポーランド]

アルバム発売を3年待った!


繊細なサウンドが心地よい!

「Lor」はポーランドのクラクフ出身の4人組。2016年には活動開始してて、その時は「ティーンエイジャー4人組」って言ってたんだけど今はいくつになったのかな?ピアノとヴァイオリンをバックに透徹なボーカルがのっかる。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ロシアレンズ両手に北秋川で滝巡りとハナネコノメさがし [山]

先週金曜(22日)にまたハナネコノメを見に。
でも高尾山周辺は混むから。
では去年も行った金剛の滝?滝はいいけど刈寄山はあんまり面白くなかったなー。

ってことで、大岳鍾乳洞から馬頭刈尾根、千足へおりて払沢の滝へ抜けてきました。

大岳鍾乳洞から馬頭刈尾根へは、ブログには書かなかったけど去年の夏、秋にも行ってます。武蔵五日市駅から上養沢行きのバスで「大岳鍾乳洞入口」まで乗車しますが、上養沢行きは本数が少ないので事前にダイヤ調べていくのが肝要。「Yahoo!乗換案内
」とかで「大岳鍾乳洞」で検索できますから便利な世の中になったものです。

今回は武蔵五日市9:31発のバスに乗れたので10時過ぎには鍾乳洞入口の到着。ここからしばらくは大岳沢沿いの舗装道路を歩きます。このあたりでも、ハナネコノメは咲いてます。ただ数は多くないですね。
0:ハナネコノメ.jpg
今回も先週に引き続き「Industar-61 L/Z」をお供に。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

こんなワルキューレ聴いたことない!サー・アンドルー・デイヴィス75歳の誕生祝いが泣ける [音楽:クラシック]

こりゃぁ泣けるわ。


サー・アンドルー・デイヴィスは1944年2月2日生まれ。トロント交響楽団やピッツバーグ交響楽団の音楽監督を努め、トロントでは現在でも桂冠指揮者の地位にある。去る2月2日に75歳の誕生日を迎えた際のサプライズがこれ。オルガンテラス席には、一般観客に扮したコーラスまで仕込んで芸が細かい!オケから愛されているのがひしひしと伝わります。
日本だと喜寿でお祝いだけど、英語圏だと「3/4世紀、Three Quarters of a Century Old」で節目の年になるんですかね。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「Industar-61 L/Z 50mm」持って、小下沢にハナネコノメを見に行った [山]

いい塩梅で咲き始めてます。
1:ハナネコノメ2019.jpg
関連記事: 高尾山で「ハナネコノメソウ」を見てきた

昨年春ぐらいに、禁断のソ連製レンズに手を出してしまいまして。
「Industar-61 L/Z 50mm F2.8」
2:インダスター.jpg
77年製。eBayでウクライナの業者から購入したんですが、レンズには特に目視できるようなカビ等もなく、絞りもスムースに動いてわりといい状態のものが来て安心。
3:インダスター横.jpg

このレンズの売りは、絞りの構造が独特で、6枚羽根なんですけど、F5.8〜F8ぐらいで六芒星の形になる。なもんでイリミネーションとかぼかすと、きれいな星ボケが映り込むという寸法。
4:星ボケ.jpg
ごめんなさいきれいな星じゃないですね。レンズの汚れが写り込んでる。

なおかつ、マクロレンズとしても使える。本来マクロの定義は「等倍から0.5倍の撮影ができるもの」だそうで、このレンズはそこまでの倍率は持たないです。セミマクロ、といったところ。
手持ちのFDレンズ、Canon FD100mm F4 macroと比較してみましょう。LUMIX G5で最大にまで寄ったときの画像がこちら。
5:FD100mm寄り.jpg
35mmまで写ってますね。フォーサーズのセンサーサイズが「17.3mm ✕ 13mm」ですから、FD100mmの倍率は「17.3/35 ≅ 0.5」と、ほぼ0.5倍ですから、一応マクロとしてよいか。

それに対して、indutar-61のほうはというと、、、
6:インダスター寄り.jpg
62mmまで写ってます。すなわち倍率は「17.3/62 ≅ 0.28」とかなり低いので、マクロという言うにはおこがましいのは確かです。でもマイクロフォーサーズで使うと画角がフルサイズの2倍ですから、かなり拡大された気分になる。だからマクロでいいんです!と若干キレ気味に擁護してみる。

なんて面倒なことは撮影時にまったく考えません。わりと小型の筐体で比較的気軽に対象に寄れるのは、普段使いにはとっても便利。持ち出す機会が増えそうです。

というお話はさておき、ハナネコノメ。今年もそろそろいい頃かなぁと、昨日小下沢まで行ってきました。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダイナミックドライバとバランスド・アーマチュアのハイブリッドなのに安価なイヤモニタータイプのカナル型イヤホン、「KZ ZSN」を購入した [音楽:イヤホン]

4/21追記:「Pro」が出たけどこっちのほうが明らかに音が良い!近々レビューします!


ーーーーここから元記事ーーーー

これまで自宅ではソニーの「XBA-100」をレファレンス的に使用してきました。
関連記事:ソニー製カナル型イヤホンの新製品、「XBA-100」を買ってしまった!

もう4年以上前の製品ですが、未だ現役製品としてソニーのカタログにラインアップされている、とても息の長い商品。艶やかな音響が評判高く、わたしも買った当初はとても気に入ってたはずなんですけど、最近音質が不満になってきた。なんか艶やかさが後退した感じ。
その理由の一つには、外出用のKZ-HD9の音に毒されてきたことがあるかもしれない。
関連記事:爆安なのに驚異的に高音質なイヤホンを連発する深圳の新進メーカー「Knowledge Zenith」の新作、「KZ-HD9」を購入した

XBA-100は高音域は艷やかですが低域はもともと薄いところがありました。それに対してHD9は低音盛った感が結構ありますから、それに好みが引きづられてきたのはあるかもしれない。
でもそれだけだとXBA-100の華やかさが後退したように感じる理由にはならない気もする。単純にXBA-100が経年劣化したんじゃないかとの疑念が。
なにせ、本体周りに緑青が盛大に発生してるんですね。イヤーピース外すと音道管の周りとかものすごい。これがもしかしたら内部にも発生して、悪影響しているのではと疑っています。買い直して新品と比較すれば答え出るんですが、XBA-100のお値段で中華イヤホンいっぱい買えちゃうから、いまさら?

なのでレファレンスの更新を検討してた。最近のイヤホンは、従来のメジャーなブランド以外からもどんどん優秀な商品出てきますし。
例えばコンビニやホームセンターでよく売ってるスマホ用品なんかでおなじみの「多摩電子工業」の手がけるイヤホンブランド「fine Ears」。コンビニ商品メーカーってことで性能不安視する人もいるかも知れませんが、試聴した限りではなかなか高品質。TSH-HR500なんかはハイレゾ対応のナチュラルサウンドで4000円弱とお値段もお手頃でいい感じ。ただわたしの好みから言うとちょっと低音厚すぎ。


あるいは「SoftBank SELECTION」のイヤホンもいいの多いですよね。


でも、どこか音に癖があったりとか、レファレンスに使うには一長一短な感じがあって購入まで踏み切れてなかった。ならば以前購入した「KZ-ED9」をとりあえず使ったほうがいいかなー、と。
関連記事:高音質なのに低価格。なにかとうわさの中華イヤホン、「KZ-ED9」購入。

そんな中、昨年秋にKZブランドからまた新製品が。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「百合」って英語になってるんですね〜!「In Love With A Ghost」の新曲は、百合系ビジュアルノベルゲーム「Heart of the Woods」のエンディングテーマ [音楽:西欧]

プレイしてないですけどね。うん。



フランスの瀟洒なエレクトロニカアーティスト、「In Love With A Ghost」はお気に入りの1人ですが、結構多作。昨年もアルバム一枚出してました。

関連記事:ほのぼのエレクトロニカ「In love with a ghost」に癒やされる

今度は、タイトルも書いたように、インディゲームのサントラ担当。
STEAM[レジスタードトレードマーク]ストア「Heart of the Woods

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

モルドバのメタルコア「Infected Rain」がNapalm Recordsと契約、新曲「Passerby」を公開 [音楽:モルドバ]

Infected Rainはモルドバ出身のフィーメイルフロンテッドnu metal/metalcore。先日記事にしたヴァイオリンのコパチンスカヤと同郷ですね。
関連記事:クルレンツィス=ムジカ・エテルナ@トリフォニーホールにいってきた

2008年にギターのVadim "Vidick" OzhogとボーカルのElena "Lena Scissorhands" Cataragaを中心に結成。自主レーベルで3枚のアルバムを発表しておりましたが、デビューアルバム、「Asylum」は、ちょっと弱いかなー。でもセカンド「Embrace Eternity」にサードの「86」は、メロディがわりとよく、凡百のnu metalバンドからは頭一つ抜け出した感があります。



そして今春Napalm Recordsと契約を果たし、新曲「Passerby」を発表しました。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽

クルレンツィス=ムジカ・エテルナ@トリフォニーホールにいってきた [音楽:クラシック]

以前から記事にしているようにあたくしはティルソン・トーマスのファンなわけですが、いよいよSFSの音楽監督を勇退するそうですし、今後はそのお姿を拝見する機会も少なくなってくるのかなーと少し感傷的になってしまうのです。

では新しい世代では面白い指揮者誰がいるかなぁ、と。最近気になってる指揮者は3人います。1人はFrançois-Xavier Roth。古楽器団体のLes Sièclesを主宰していることは以前に記事にしました。その後は、フランクフルト交響楽団と併合されちゃった南西ドイツ放送交響楽団の最後の首席指揮者を努めるとともに、2015年からはGürzenich Orchestraの音楽監督も努めてる。
二人目は、2016年からバーミンガム市交響楽団の音楽監督に就いたリトアニア出身の女流指揮者、Mirga Gražinytė-Tyla。まだコンチェルトのバックを出してるだけで、メインを務めてるレコーディングは出してないようですが、YouTubeでライブ音源をいくつか聴くことができます。ベートーヴェンでは弦を対向配置にしてみたりとか、音作りが面白い。今後の化け方に期待が持てる。

で、3人めが、ギリシャ出身のTeodor Currentzis(Θεόδωρος Κουρεντζής)。イリヤ・ムーシンの門下生で、自身の古楽器オーケストラ、musicAeternaを2014年に結成して活躍してる。彼のことを知ったのは、3年前かな。インマゼールの「Anima Eterna」と間違えて検索して見つけたんですよね。やっぱり古楽器系ということで注目したんですけど、youtubeとかで見られる映像見て瞠目しました。ものすごくスタイリッシュで刺激的。ライブでは団員が皆立ったまま演奏するし、見た目にも面白い。そして生み出す音響が、とりわけ奇をてらった解釈をしているわけではないですが、溌剌として新鮮。モーツァルトやチャイコフスキー、マーラー、ストラヴィンスキーなどの興味深い録音を出しています。
Currentzis自身は昨年から、先程あげた新生「南西ドイツ放送交響楽団」の首席指揮者に就任して、ブルックナーやチャイコフスキーを指揮した映像を南西ドイツ放送のYouTube公式チャンネルで公開してました(現在は放送協会でのストリーミングのみ)。


と、前置きが長くなりましたが、その注目筆頭のCurrentzisが来日するとの情報を昨年の今頃に察知したので、発売日にしっかりチケット確保していってきたのでした。もう1週間経っちゃったけど感想書いてみます。

続きを読む


コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -