So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽:ジャズ ブログトップ

Screaming Headless Torsos待望の新譜、「Code Red」が遂に発売開始 [音楽:ジャズ]

どファンク来た!



ようやく、ようやく。
昨年春の発売予告からずいぶんと長かった。
Screaming Headless Torsosの新譜、「Code Red」は今春発売予定

先ほど日付をまたいだ時点でiTunes、amazonの両方で購入が可能に。時差の関係で日本が発売開始一番乗りかな?わたしはiTunesの方から購入。しょっぱなのタイトルナンバー、「Code Red」からぶっとくノリノリのファンクロックが鳴り響いてます。3曲目の「Wizard of Woo [feat. Bernie Worrell]」とか、タイトルそのまんまにBernieのごきげんなキーボード満載。Gene LakeにDaniel Sadownick、David Ginyardのリズム隊もタイトで素敵。
もちろんFuzeの変態ギタープレイも堪能できます。破天荒でパワフルな6曲目「Fried Tongue」とかいかにもなフレーズ満載で大興奮です。

以降の曲はまだ聴けてないですけど、先行シングルの「Dead Christmas Trees」も収録されててお買い得。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Screaming Headless Torsosの新譜、「Code Red」のスニーク・プレビューが本日公開! [音楽:ジャズ]

David Fiuczynski率いる「Screaming Headless Torsos (SHT)」、昨年春には新譜発表予定といいながら、なかなかニュースの出てきませんでしたが、ようやく今夏には発売になるようです。
昨日オフィシャル顔本ページに各国語でアナウンスが掲載されました。日本語もあるけど、機械翻訳された妙ちきりんな文章でワロタ。
アルバム発売に先行して収録予定曲の「WIth You」が、本日Soundcloudにアップロードされました。
Soundcloudでは期間限定配信だったみたいで、既に削除されてますね。でも代わりに、YouTubeにクリップが!


関連記事:
Screaming Headless Torsosの新譜、「Code Red」は今春発売予定

公式いわく、FiuczynskiのサウンドにP-Funkの雰囲気をまぶした曲だとか。ファーストアルバム収録の「Graffiti Cemetery」にP-funk絡めたような感じですね。でもなんだかTorsosにしてはおとなしめというか。Fiuczynskiのギターもあんまり暴れていなくて、ちょっと物足りない。他の曲はどうなのかな?


なにはともあれ、ようやくアルバムのニュースが出てきたので一安心。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Screaming Headless Torsosの新譜、「Code Red」は今春発売予定 [音楽:ジャズ]

2014年2月27日追記:1年以上遅れて'14の夏に発売ですって。
Screaming Headless Torsosの新譜、「Code Red」のスニーク・プレビューが本日公開!


以前David Fiuczynskiのソロアルバムについて記事にしましたが、そのFiuczynski率いる「Screaming Headless Torsos」が、久々のアルバムを今春発売する予定だそうです。



関連記事:
David Fiuczynskiの新譜、「Planet MicroJam」は安定の変態ジャズ。

Torsosは、Jojo Mayerがドラムスだった頃が一番好きなんですど、今のメンバーはさらにベースのFima Ephronまで抜けてるんですよね。でもDaniel Sadownickいるから、ハイテンションなファンクサウンドは変わらないかな?
Jojo Mayer & Nerveのビデオも貼ってみる。


そして、大ニュース!なんとゲストに、Bernie Worrellが参加!Fiuczynski / Torsosの変態的ファンクサウンドにBernieのねちっこいサウンドがどう絡むのか、今からワクワクです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

David Fiuczynskiの新譜、「Planet MicroJam」は安定の変態ジャズ。 [音楽:ジャズ]

おやおや、いつの間にかDavid Fiuczynski新譜が発売になっていますね。全然雑誌とかチェックしてないので最近の活動分かっていないのですが、Fiuczynski自身のアルバムとしては「Kif Express」以来ですか?





Fiuczynskiは、スクリーミング・ヘッドレス・トーソズのデビュー以来のファンです。どのぐらい好きかって、ギタリストだったらDavid FiuczynskiかDavid TornかBucketheadか、っていうぐらい好き。なんだかよくわからない表現ですが。

そんな変態的個性的なギタリストたちの一角を占めるFiuczynskiも、上原ひろみのバンドに参加したことから日本でも有名になってるんでしょうね。兎にも角にも早速アルバム入手してみました。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
音楽:ジャズ ブログトップ