So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽:クラシック ブログトップ

amazonの「誰でも使える MP3ダウンロード250円クーポンキャンペーン」で、カール・ベームの「ツァラトゥストラはかく語りき」を買ったけど、 [音楽:クラシック]

結論:あんまりお薦めでない!


ご存じの方多いと思いますが、amazon mp3ストアで、オープン3周年の「誰でも使える MP3ダウンロード250円クーポンキャンペーン」やってますね。購入時にキャンペーンコードを入力すればアルバムでもシングルでも何でも、だれでも250円割引が受けられるキャンペーン。いよいよ本日限りになったのでなにか買おうかなと物色してたら、ベーム=ベルリン・フィルの歴史的名盤、「ツァラトゥストラはかく語りき」のデジタル・リマスターなんてのを発見。しかもお安い。

ベームのツァラトゥストラは、当初「2001年宇宙の旅」のサントラ盤に収録されていたことで有名ですよね。実はサントラに使われたのはカラヤン盤らしいですが、カラヤン嫌いなんで聴かない。ベーム盤は録音が1950年代と古いので、わたしが高校生の頃には既にLP廉価版になっていたので購入してよく聴きました。切れ味の良い演奏でお気に入りだった。

しばらく聴いてなかったアルバムですが、お値段安いのと懐かしさもあり、買ってみました。けど、なんだこれ!
発売が、「Harrison James Music」って、聞いたこともないレーベル。オリジナルはDGなのであれ、って思いましたが、発売後50年経って著作隣接権が消滅したからマイナーレーベルが手を出せるようになたのかな?とにかくデジタルリマスターなんだから期待できるかも〜、と買ってみたんですけど、なんか、変な音。無理にデノイズかけてその分高域を補完した感じ。位相やらなにやら微妙に狂った感じがピアニッシモで目立っている。有名な導入部でトランペットが音割れしていたり、直後の弦が静かに蠢くところなど、かえってモワモワしたノイズやクリックノイズが目立っている。後半は結構聴ける音なのでもったいないというか、無理に現代的な音にしなくてもいいのになぁ。

っていうか、これ、もしかしてCD音源をDAWでマスタリングした、とかだったりして?
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ティルソン・トーマスのチャイコフスキー:「マンフレッド交響曲」が出てる! [音楽:クラシック]

気がつきませんでした。日本初CD化。昨年の来日公演の記念盤なのかな?

関連記事:
マイケル・ティルソン・トーマス=サンフランシスコシンフォニー日本公演 at サントリーホールに行ってきた
ティルソン・トーマスのストラヴィンスキー
ティルソン・トーマスのラッグルズはもっと評価されるべき

「マンフレッド交響曲」は、バイロンの詩「マンフレッド」に基づく標題音楽。チャイコフスキーの交響曲の中では唯一番号がついていないものですが、曲はロマンティックな旋律にあふれた、いかにもチャイコフスキーらしい作品です。番号付きの作品、特に4~6番の後期交響曲と比べて演奏される機会が少ないのがもったいない。今でもマイナーなレパートリーだと思いますけど、ティルソン・トーマスは昔っから「知られざる名曲」を手がけるのが好きだったんでしょうね。79年の録音で、LPは80年に発売になっています。まだバッファローシンフォニーの音楽監督の時かな?国内盤も同時期に出て、でもすぐ入手が難しくなりました。アメリカでは80年代後半にはCD化されたものの、日本国内では黙殺されてた。当然私は両方とも発売直後に買ってるんですけどね。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サロ様@東京芸術劇場に行ってきた! [音楽:クラシック]

なんて、わたしが「サロ様」とか言ったらキモいんですけど。
サロネンは、言わずと知れたフィンランド出身のマエストロ。長らくロスフィルの首席指揮者で、おとなりサンフランシスコのMTTと共同戦線はってた印象強かったですが、いつの間にか、フィルハーモニア管弦楽団の首席指揮者になってたんですね。ここ数年のクラシック関連は疎いので知らなかった。北欧のイケメン若武者故に、若い女性から「サロ様」と慕われているわけですが、そんなサロネンももう55歳ですか。

サロネンは結構好きな指揮者なので、実は過去に「サロ様メーリングリスト」なんてのに入っていたこともあるわたしですが、アルバムは全然持っていなくて。かろうじて、バルトークのオケコン、リストとシェーンベルグのピアノコンチェルト、そして、DGから出ている禿山とハルサイのカップリング、その3枚だけ持ってます。どうしても、指揮者のベスト3は、MTT、アーノンクール、アバドになるので、その3人とあとプログレを買い漁るのが忙しかった。でもせっかくの来日なので、行ってみました。



会場は、東京芸術劇場。芸術劇場も行くのは初めてなんですよね。プログラムは、シベリウスのポホヨラの娘とヴァイオリンコンチェルトに、ストラビンスキーの春の祭典。実はシベリウスもあんまり聴かないんですよねぇ。サロネンは昔から同郷の作曲家ということでニールセンと並んでシベリウスをよく取り上げているのも知ってましたけど、ロマン派的な音楽はどうしても聴く頻度が低くなりまして。

休日の昼ということもあってか、ほぼ満員でした。いやー、さすがサロ様、人気あるんですねぇ。一昨年のアーノンクール@オペラシティ、去年のMTT@サントリーホールは結構空席目立ったのと好対照。
関連記事:
マイケル・ティルソン・トーマス=サンフランシスコシンフォニー日本公演 at サントリーホールに行ってきた

で、肝心の演奏。正直、イマイチな印象。いや演奏は悪くないんですよ。むしろよかった。じゃぁなにが悪いか。

「音響!」

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マイケル・ティルソン・トーマス=サンフランシスコシンフォニー日本公演 at サントリーホールに行ってきた [音楽:クラシック]

3月末に初めたこのブログも、8ヶ月弱で記事数が100に!記念すべき100本目の記事は、昨日サントリーホールで行われた、マイケル・ティルソン・トーマス(MTT)の日本公演について。

MTTについては以前にも書きましたけど、LP時代からの大ファン。来日公演も結構行ってる。80年代だったかな?神奈川県民ホールでのLSPO公演に2回。90年代に一回、CDジャーナルのプレゼントでPMFオーケストラの公演チケットがあたったことあるんですけど、それはチケット届いたのが公演翌日で行けなかった。それと、あれは90年代だったけ?ピエール・ブーレーズ・フェスティバルの、クレーメルとロンドン響との公演。もうあれから随分経ちます。久々の来日公演、わくわくしながら行って来ました。オーケストラのコンサート自体、オペラシティでのアーノンクール以来、二年ぶり。
MTTコンサートチラシ.jpg

関連記事:
ティルソン・トーマスのストラヴィンスキー
ティルソン・トーマスのラッグルズはもっと評価されるべき

続きを読む


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラッグルズ全集、ダウンロード販売開始 [音楽:クラシック]

な、な、なんと、iTunes Store及びamazonで、ラッグルズ全集の販売が開始されてます。




価格は、3000円。高い!円高だからアマゾンのCD入荷待ちのほうがおすすめですかね。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ラッグルズ全集、買った! [音楽:クラシック]

以前取り上げたティルソン・トーマスのラッグルズ全集、購入しちゃいました!!


ブログに書いておきながら、予約したのが発売直前だったので、発送がゴールデンウィークに入ってからになっちゃいました。なんと、今だと一時的に入手困難とかなってる。結構予約入ったのかな。まぁいずれにしてもちゃんと入手できてよかったです。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ティルソン・トーマスのラッグルズはもっと評価されるべき [音楽:クラシック]

さてさて、またまたMTTについて。先日書いたように、ドイツ・グラモフォンに残した20世紀のアメリカ音楽2枚、国内盤LPは未発売でした。アイブズ&ラッグルズのLPは高校当時都内のレコード屋をはしごして探して、ついに秋葉原の石丸電気で輸入盤を見つけたときは狂喜乱舞ものでした。ジャケットのインパクトと相まって、いかにも前衛だぞ!って雰囲気がひしひしと。
結局W・シューマン&ピストンのLPは買うことができませんでしたが、CD時代になって比較的容易に手に入れることができるようになりましたね。いい時代になったもんです。


関連記事:
ティルソン・トーマスのストラヴィンスキー
マイケル・ティルソン・トーマス=サンフランシスコシンフォニー日本公演 at サントリーホールに行ってきた

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「浜辺のアインシュタイン」リバイバル [音楽:クラシック]

言わずと知れたミニマルミュージックの金字塔、フィリップ・グラスの「浜辺のアインシュタインEinstein on the Beach」が、来月にロンドンのバービカン・センターで再演されるそうです。知らんかった。



続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

François-Xavier Roth:古楽器の火の鳥 [音楽:クラシック]

昨日ストラヴィンスキーについて言及したので、最近買ったアルバムについて。
「Stravinsky: L'Oiseau de feu」by Les Siècles and François-Xavier Roth


20世紀の作品が、古楽器(っていうか、歴史的楽器?)で聴けるご時世が来るだなんて!youtubeに、リハーサルの映像でしょうか?「魔王カスチェイの踊り」が上がってますが、編成はそれなりに大きいようですね。



恥ずかしながらつい最近まで、François-Xavier Rothについては知りませんでした。一昔前までは雑誌やらなにやらで情報収集勤しんだりもしてましたが、最近はご無沙汰。CDジャーナルは、その前身、ディスクリポートも創刊以来定期購読してたんですが、10年ぐらい前の紙面刷新から購入やめちゃった。なもんで店頭でたまたま手に取らないとニューカマーが全然分からない。けどショップも衰退してますしね。

続きを読む


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
音楽:クラシック ブログトップ